不動産会社で働くなら|宅建の勉強を独学で始めよう

資格に合格するために

勉強

合格にむけた勉強法とは

資格は、人生の様々な場面で役に立つものである。ただ、独学で資格を取るにはそれ相応の努力をしなければならず、容易なことではない。今回は一般的に難易度が高いと言われている宅建の資格に焦点をあてる。宅建は合格率が低い試験とあって、予備校や通信講座などを利用する人も多い。しかし、やり方を間違えなければ独学で合格することは可能である。一般に、宅建合格のためには200、300時間をかける必要があると言われている。一日一時間としてコツコツ勉強するとしても、三ヶ月はかかる計算だ。よって、試験の3,4か月前には勉強計画を立て、必要なものをそろえておかなければならない。参考書や問題集は、市販の物の中から自分に合うと思った本を選べばよい。大事なのは活用の仕方である。参考書は、1周目はざっくりと内容を理解する程度でOK。全体の内容を大まかに理解した上で、2周目に入り、それぞれの単元の詳細を理解していく方法が効率的だ。それが終われば、あとは問題演習のみだ。問題を解きながら知識のアウトプットをし、確実に自分の頭の中に定着させていく。間違えたりしたら解説や参考書の該当箇所に戻り、もう一度復習する。その繰り返しによって全範囲をまんべんなくカバーすることができるだろう。試験1か月前から直前までは過去問演習を中心に、合格ラインとされている7割を目標に演習を積んでいけばよい。この流れが効率的にできれば、独学で宅建合格は難しくないだろう。独学では無理、料金を払ってプロに頼らなくてはと思っている人には、一度その考えを捨て、勉強法を見直してみることをお勧めする。