不動産会社で働くなら|宅建の勉強を独学で始めよう

合格に向けて

ノートとメガネ

対策を立てる重要性

宅建の試験に独学で学習する場合、過去の問題集や参考書の選択では大きな差がつくことはないです。本当に違いが出るのは学習方法です。宅建の試験に独学で合格する人の特徴は、学習が継続することや、事前に計画を立てて、その通りに実行することです。その他にも、学習したポイントを復習することや、丸暗記に頼らず理解することなども挙げられます。宅建の試験に独学で合格するためには、入念に対策をして学習することが不可欠です。闇雲に学習しても合格の可能性は高まりません。権利や宅建業法、法令上の制限など、宅建に関係する知識を分類し、ポイントを踏まえながら学習することが重要です。権利に対する出題は、宅建試験において50問中15問前後も出るため、ここは入念に学習することが合格への可能性を高めます。権利に関する問題は簡単ではありませんが、それは他の受験者も同様なので、ここの理解を高めると圧倒的に有利になります。最低でも7点か8点は確実に取ることが大切です。次に宅建業法に関する出題は、毎年50問中20問もあります。出題される範囲も広くないため、最も得点が見込めるところです。逆に言うと、この部分の出来が芳しくないと合格が厳しくなります。宅建業法に関する問題の特徴として、引っ掛けが多いです。法令に関する問題も、出題範囲は限定的で、過去問をしっかりやっていれば、満点も狙えます。このように試験問題の傾向を分析して、学習の優先順位を定めることで、独学でも十分合格が可能です。