不動産会社で働くなら|宅建の勉強を独学で始めよう

将来のための資格取得

宅建は、難易度から言っても、独学で十分に合格を狙える資格として、人気のあるものです。さらに取り扱うものが不動産ですから、需要がなくならないという点でも将来性もある資格と言えます。合格するために勉強しなければならない範囲も、そう多くはないので、脱サラ狙いにも向いている資格と言えるでしょう。

ノートとメガネ

合格に向けて

独学で宅建試験の合格に挑む場合、参考書選びよりも学習方法が重要になります。闇雲に勉強するのではなく、事前に計画や対策を立てる方が効果的です。また試験の出題傾向を分析することで、合格の可能性を高まります。

資格で学ぶ

不動産模型

勉強ではなく知識を磨こう

「宅建」という単語、よく耳にするかもしれません。資格関係の雑誌、通信教育の広告。宅建の正式名称は「宅地建物取引士」、要は不動産取引のプロです。どの町にも不動産仲介業の事務所、会社はあると思います。そこでプロとして不動産の売買に関わることができるのが有資格者である宅地建物取引士です。プロ、と言うと難しい印象を受けるかもしれませんが、宅建は独学でも十分に合格を目指せる資格の一つです。受験制限は一切なく、だれでも受験することができます。本屋に行けば数多くの宅建に係る独学本が出版されています。今は、図解やイラストが豊富で、比較的平易な文章で書かれた独学本が本当にたくさんあります。通信教育も充実しており、まずは自分に合った教材を見つけることが第一歩。宅建に合格するには、勉強時間はおよそ300時間程度と言われています。独学ならば時間の隙間を見つけて、好きな時に好きな進行度でじっくりと勉強できます。家事の合間に、寝る前に布団で、時には気合を入れてじっくりと数時間腰を据えて取り組む。どのようなスタイルでも自由です。そして、宅建という資格は、日常生活に無関係では決してない資格です。土地にまつわる様々な法律を知っておくことは、生活するうえで決して無駄にはなりません。「自分の住んでいる地域にはこういう規制があったのか」などという発見があったり、「自分の持っている土地は売るとなるとここがネックだ」と知れたり。マイホームを購入するときに大いに役立つ知識を得られる資格でもあります。また、税制についても学べるので、よく分からずに支払っていた固定資産税についても理解が深まります。知識を磨くことで生活にも役に立つ、更に有資格者にもなれる。一石三鳥です。不動産業者で働くことを目的とせず、知識のために取る資格としても宅建は非常に魅力的です。

勉強

資格に合格するために

宅建は合格への道のりが大変だと言われていますが、決して不可能というわけではありません。独学で合格した人もいますし、頑張り次第では誰にでも合格するチャンスがあるのです。まずは過去問から挑戦していきましょう。